言語 :
レポートの分析
STBのアップデート報告書- 2015年営業が安定する展望

"2015年のSTBの主要な営業は規模の利によって固定な伸び率を維持し続けます。 NIMがかなり高くて、小売銀行の優位性があります。ただし、予防費用が上げ続けること、PNBと合併される時に資産の品質が影響されること、主要な相手のために発行する計画がまだ進展していないことは注意ことです。 BVSCは希望価格20,400ドン/株に基づく、STB株をNEUTRALしたほうがいいと思います。P/E とP/Bの予防が10.4倍と1.2倍です。 "

………………………………………………………………………………

詳しくは添付報告書をご覧ください。

CTGの2015年定期株主総会の報告書-株主総会で PGバンク合併案承認"

PGバンクと合併案を株主総会へ提出しました。したがって、CTGは3億株を発行して、そのうち、2億7千万株はPGバンク株式に交換されます(株式交換比率CTG:PGバンクは0.9対1) 残りは(3千万株)CTGの株主に対して均等な配分します。(1株主当たりはCTG0.0080571株を受けます)2015年の第三四半期に合併することが完了する予定されまうす。発行したら、資本金は40兆2340億ドンとなります。

………………………………………………………………………………

詳しくは添付報告書をご覧ください。

 

FPTの2015年定期株主総会の報告書- 2015年の計画の成長率は二つ数字の程度に戻す

近年、投資プロジェクトはFPTの利益が減少した理由です。ただし、これは利益が成長するように動力です。外国市場からテクノロジーの売上と利益が高度成長して、国内市場も回復します。 電気通信は2015年に減価償却費まだがあっても、2016年から利益幅が増加します。国内テクノロジー市場が回復によって、企業計画伴って、高度成長になる可能性があると思います。

………………………………………………………………………………

詳しくは添付報告書をご覧ください。

 

HPGの2015年定期株主総会の報告書-新しい生業を開発

新しい生業を開発について:動物の食べ物の市場が魅力的な市場と思います。大きい消費需要、高い伸び率、ベトナム企業の能力が弱いので、主に市場占有率が外国投資家です。HPGは財政の可能性、経営工学があって、鉄の分野が狭くなっている条件によって、新しい産業を開発する必要になります。3目連合区を稼動したら、HPGの生産能力が2,000,000トン/年になって、ベトナムでの鉄の需要が6,000,000トン、伸び率が10%/年だけです。その時に、中国と競争しなければならないので、鉄を輸出が難しくなります。新しい分野に入るのは必要だと思います。

………………………………………………………………………………

詳しくは添付報告書をご覧ください。

 

MBBの2015年定期株主総会の報告書-2015年の株主総会には増資計画以外、目立つ情報がありません。

2014年が終わった、資本金以外、ほとんどのMBBの指標は完了ないし計画を超過しました。初年には、MBBは資本金を15兆5千億ドンに上げる計画があっても、2014年12月31日まで、銀行の資本金が11兆5940億ドンだけだったです。CAR率は約10%だったです。NPLは2.37%となりました。 2014年に開店された15取引店があった、MBBネットワークを拡大続けています。2014年末まで、50県を張るところ、ラオスとカンボジアでの2支店を合計は224取引店があります。個人の顧客様の信用金額が高度成長した、+66%yoy。

………………………………………………………………………………

詳しくは添付報告書をご覧ください。

 

NDNの企業訪問の報告書ー2015年の売上の計画を最小10%上回る可能があります。

NDNはダナンで第一不動産の企業です。2014年‐2016年の段階には、会社は重要なプロジェクトを行って、利益が最高になる時間です。株式分割したら、2015年のP/E forward は8程度で、株を持つように短期の中で、好調がある不動産の株式。

………………………………………………………………………………

詳しくは添付報告書をご覧ください。

 

NTLの株主総会の報告書ー2015年の株主総会から記録

1当たり株の価格が13,000ドンであって、NTLのPEforward 2015 が約8.5xであるのは不動産の株式として魅力があると思います。会社は負債があまりないので、財政状態がかなり良いです。 2015年の利益がポジティブだと予想されています。2015年に不動産の株式と市場もだんだん回復しているので、BVSCは投資家がNTLの株式を持つことができると思います。

………………………………………………………………………………

詳しくは添付報告書をご覧ください。

 

TCMの株主総会の報告書-2014年の業績 – 税引く後利益が36,3% yoy増

2015年には安定な活動して、新工場を建設、稼動するように段階と思います。2016年にもっと成長するように準備します。短期について、生産能力がどんどん高まって、生産ラインを持つのは2016年から売上と利益を齎せる可能と思います。BVSCはTCM株式を目的な価格40,700ドン/株でOUTPERFORM評価します。 魅力的があって、TCMは営業展望があって、中期と長期の投資可能性をあると思います。

………………………………………………………………………………

詳しくは添付報告書をご覧ください。

 

VSCのアップデート報告書-新港は2017年から利益を齎す.

VSCの現在の価格は49,500ドン/株です。2017年から新港プロジェクトがVSCのために成長するように機会を齎す希望によって、私たちはVSC株式として OUTPERFORMのアドバイスを出します。目標価格は65,000ドン/株です。ただし、BVSCは上記のような理由なので、2015年はまだVSC株式を投資するように適当な時間ではありません。

………………………………………………………………………………

詳しくは添付報告書をご覧ください。

 

VNEの企業訪問の報告書-成功したリエンジニアリング

現在、VNEの証券価格は会社のCORE活動におけて変更したことを現れました。ただし、長期において、証券価格の成長機会は可能があります。EVNが電気価格を上げて、2015年-2017年段階に電気建設の分野が成長になる予想されます。不動産市場が回復する記号があって、会社の不動産プロジェクトが開発するのはVNE株式のため積極的な要因です

………………………………………………………………………………

詳しくは添付報告書をご覧ください。

 

VTVの株主総会の報告書-2014年の業績は計画より低かった

北部でセメント工場のために炭を供給することにおけて、VTVが排他的な位置を持っているので、VTVの営業活動は安定になります。2015年に残り償却を計算したら(約400億ドンである、主に船団のである)、2016年から、減価償却費が切れて、利益が改善されます。2017年に、不動産のプロジェクトからの大きな収益を得ます。VTVは投資するように魅力的な銘柄です。現在、P/Eが10.76倍で、25,500ドン/1株で取引されています

………………………………………………………………………………

詳しくは添付報告書をご覧ください。

 

PVBの投資アドバイスの報告書-安定、配当金の魅力、2015年に工場は減価償却が終わりました。

政府の2015年‐2025年段階に石油ガス業界を開発の向きがあって、石油精製工場と石油ガス工事を建設します。PVBは高い潜在成長力を持っています。石油ガスパイプラインにおいてのアジア太平洋地域での市場を開発する予定します。特に、今から2020年まで、ヴーンロー、南ヴァンフォン、ロンホイ、ロンソンばど石油精製工場を設立する予定があります。2015年PVBが資金を増やす計画を行わない場合があれば、EPSforward は約1株当たり4,860ドン、P/Eはおよそ7.59xに該当して、アジアでのパイプラインをココーティングの業界と比べて、この指標はかなり魅力です(16.11x)

………………………………………………………………………………

詳しくは添付報告書をご覧ください。

 

PPCの速報-200/2014/TT/BTC通達が施行されるのはPPCの為替差損を増やさせます。

2014年12月22日に公布された200/2014/TT-BTC通達によると、すべて企業の形態と経済部門に対して会計制度について、締め切り日までに外貨での負債は以前の振込みでの相場(これは振込みの方法で決済する時の為替相場です)の変わりに売り相場で再評価されます。そのため、この通達を導入するのは企業の為替差損を増やさせます。

………………………………………………………………………………

詳しくは添付報告書をご覧ください。

 

RALの株主総会の報告書RAL-2014年と2015年の第一四半期の業績

照明用具の市場においてRALは大手企業です。中期と長期についての成長の希望によって、RALは主な事業を集中します。企業の計画と照明用具の市場の回復することで、将来の成長可能性があると評価します。RALの希望価格が55,000ドン/株だと評価します

………………………………………………………………………………

詳しくは添付報告書をご覧ください。

 

HLDの株主総会の報告書-2015年の株主総会における記録

1株当たり21,000ドンの株価によって、HLDのP/E forward 2015年は5度以下で、PBは1度以下です。これは不動産の銘柄として魅力な株価です。良い財務状態によって、業績が安定、成長があることによって、HLD銘柄が実際価値の以下で取引しています。HLD銘柄に対してOUTPERFORM とアドバイスします。

………………………………………………………………………………

詳しくは添付報告書をご覧ください。

 

NCTの株主総会の報告書-市場占有率をシェアしたので2015年の計画は慎重です。

2015年にALSの稼動し始まるのは確定していません。ALSはロジスティクスにおいて能力と経験がある会社として、NCTの大きな相手となります。しかし、NCTは豊富な経験、有名なブランドと大きい市場占有率、良い財務状態と配当金支払率を持ってます。そのため、BVSCは配当金の好きだと投資家として、NCTが魅力な投資機会だと評価します。

………………………………………………………………………………

詳しくは添付報告書をご覧ください。